title

沖縄の歴史

琉球王国とは、今から約570年前(1429)に成立し、
約120年前(1879)までの間、約450年間にわたり、日本の南西諸島に存在した王制の国のです。

北は奄美諸島から南は八重山列島までの琉球諸島には、
約3万2千年前から人類が住んでいたことがわかっています。

琉球諸島には、先史時代を経て、
日本の鎌倉時代に当たる12世紀頃から一定の政治的勢力が現れはじめました。

各地に「按司(あじ)」とよばれる豪族が現れ、
互いに抗争と和解を繰り返しながら次第に整理・淘汰され、
やがて、1429年尚巴志(しょうはし)が主要な按司を統括し、
これが尚家(しょうけ)を頂点とする統一権力を確立し、琉球王国が始まりました。

その後、琉球では独自の国家的な一体化が進み、
中国をはじめ日本、朝鮮、東南アジア諸国との外交・貿易を通して海洋王国へと発展しました。
首里城はその海洋王国の政治・経済・文化の中心でした。

統一王朝が成立してから約40年後の1469年、
琉球王国の歴史の中で、大きな政権交代がありました。

伊是名島(いぜなじま)の農夫出身の金丸(かなまる)がクーデターにより政権を奪取し、
新王朝を開いたのです。

金丸は前例に従い、また中国皇帝との関係にも配慮して尚王家を継承し、
尚円王(しょうえんおう)と名乗りました。
このため、琉球王国の歴史では、この政権交代以前の王朝を「第一尚氏王統」、
それ以後を「第二尚氏王統」と呼んでいます。

この第二尚氏王統は、
初代国王尚円(しょうえん)から数えて19代目の国王の尚泰(しょうたい)時代まで
(約400年)続きました。

1609年に日本の薩摩藩が3000名の軍勢をもって琉球に侵攻し首里城を占拠しました。

それ以後270年間にわたり琉球王国の表向きは中国の支配下にありながら、
内実は薩摩と徳川幕府の従属国であるという微妙な国際関係の中で存続していました。

しかし、やがて日本の明治維新により成立した日本政府は、
1879年(明治12)軍隊を派遣し首里城から国王尚泰(しょうたい)を追放し、
沖縄県の設置を宣言しました。
ここにおいて、琉球王国は滅亡しました。


前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ