title

[image] 2400
玉城城(たまぐすくぐすく、たまぐすくじょう)は、沖縄県南城市(旧玉城村)にある城(グスク)跡,
別名アマツヅ城とも称され、
「島尻郡誌」に、琉球の創世神
アマミキヨ が築城したとの伝承が残る最古に築かれたクスクの一つです。
築城年代や歴代の城主についてはさだかではありませんが、
石垣の積み方から約600年前のものと推定されるます。
城跡の範囲を確認するため行われた調査では、城跡一帯から、土器や輸入陶磁器、鉄製品、古銭などが出土しています。
1987年(昭和62年)8月21日に、国の史跡に指定されました。

現在の城跡は、時代が下った三山時代に地頭である玉城按司が築いたものですが、
一の郭、二の郭、三の郭の三つの郭からなる階段状の山城で天然の要害の地に築かれています。
城壁は一の郭のみよく原型をとどめていて、
二の郭と三の郭の城壁は、戦後、
米軍の用地に隣接していたため 米軍基地建設の骨材料として持ち去られ、
現在残っているのは主郭跡の城壁、石敷などの遺構のみです。

一の郭は、東北東に自然岩をくり抜いた
円形の 城門を構え、
本丸跡には琉球開闢の七岳の一つとされる「 天つぎ(あまつぎ(雨つづ天つぎとも))御嶽(うたき) 」があり、
東御廻り(あがりうまーい) という巡礼行事の聖地となっていました。
沖縄のグスクは単純に軍事的なものというより祭祀的性格も持っていることが指摘されますが、
玉城城も城としては小さく宗教的要素が大きかったのではないかと考えられています。


[image] 2395


[image]

[image]


玉城城 - Wikipedia より


玉城城(たまぐすくぐすく、たまぐすくじょう)は、沖縄県南城市(旧玉城村)にある城(グスク)跡。
1987年(昭和62年)8月21日に、国の史跡に指定された。
台地上のさらに高い天然の要害に築かれた。
築城年代は不明だが石垣の積み方から約600年前のものと推定される。
主郭跡・二の郭跡・三の郭跡に分かれている。
そのうち二の郭・三の郭の石垣は沖縄戦後の米軍統治下で、
米軍の用地に隣接していたため建築用石材に崩され利用されてしまっている。
現在残っているのは主郭跡の城壁、石敷などの遺構のみである。
主郭の城壁はほぼ完全に近い形で残っており、自然の一枚岩を刳り抜いて造られた城門がある。

本丸跡には琉球開闢の七岳の一つとされる「
天つぎ(あまつぎ(雨つづ天つぎとも))御嶽(うたき) 」があり、
東御廻り(あがりうまーい) という巡礼行事の聖地となっていた。
沖縄のグスクは単純に軍事的なものというより祭祀的性格も持っていることが指摘されるが、
玉城城も城としては小さく宗教的要素が大きかったのではないかと考えられている。


玉城城跡|アマミキヨが築いた城であるとの伝説がある

玉城城跡(たまぐすくじょうあと)は、別名アマツヅ城とも称され、
築城年代や歴代の城主についてはさだかでない。
「島尻郡誌」では、「
アマミキヨ が築いた城であるとの伝説があって、
城主は、一の郭、二の郭、三の郭の三つの郭からなる階段状の山城で
天然の要害の地に築かれている。
城壁は一の郭のみよく原型をとどめていて、
二の郭と三の郭の城壁は、戦後、米軍基地建設の骨材料として持ち去られ、
現在根石がかろうじて残っているにすぎない。

一の郭は、東北東に自然岩をくり抜いた城門を構え、
城内には「天つぎ(あまつぎ)の御嶽」(神名「アガル御イベ、ツルベ御イベ」)が祀られている。

標高約180メートルの天然の要塞に築かれた城跡。
急な階段を上ると、石灰岩をくり抜いた印象的な円形の城門があり、
ここからは久高島や沖縄本島の中南部が一望できる。
当時から現在に至るまで聖地を巡る「東御廻り(あがりうまーい)」の拝所の1つとして
参拝者が絶えない。

360°パノラマ体験

玉城地区にある玉城城跡。
琉球を開いた神・「アマミキヨ」が築いたと言われています。
久高島や沖縄本島の中南部が見渡せる高台にあります。
急な坂道を登ると、自然の岩をくりぬいてできた印象的な円形の城門があり、
ここからの眺めは特にすばらしいものになっています。
城は、主郭 のほか、二の郭、三の郭で構成されていましたが、
そのほとんどは戦後、米軍施設の建築材料として持ち出されたため、
現在はあまりその姿は残っていません。
主郭の中にはかつて、琉球国王も参拝したと言われている「天つぎ(あまつぎ)の御嶽」があり、
当時から現在に至るまで 聖地をめぐる
「東御廻い」(あがりうまーい) の拝所のひとつとして
参拝者が絶えません。
城跡の範囲を確認するため行われた調査では、城跡一帯から、
土器や輸入陶磁器、鉄製品、古銭などが出土しています。
玉城城跡は昭和62年 、国から史跡に指定されています。



玉城グスク

玉城グスクは、琉球の創世神アマミキヨが築城したとの伝承が残る最古に築かれたクスクの一つです。
アマミキヨというのは、おそらくは黒潮の流れに乗って琉球へとたどり着いた民族のリーダーであったのでしよう。
アマミキヨが最初に上陸されたとされる久高島から、
沖縄本島へと上陸したときに最初に目に付くであろうこの台地に支配拠点を置きました。

現在の城跡は、時代が下った三山時代に地頭である玉城按司が築いたものですが、
自然地形によるアーチ門は古代からの神秘的な魅力を感じます。
2009年当時は発堀調査中でしたので、ここも是非とも再訪したいとクスクですね。

玉城城跡|アマミキヨが築いた城であるとの伝説がある城
玉城城跡(たまぐすくじょうあと)は、別名アマツヅ城とも称され、築城年代や歴代の城主についてはさだかでない。「島尻郡誌」では、「アマミキヨが築いた城であるとの伝説があって、
城主は、一の郭、二の郭、三の郭の三つの郭からなる階段状の山城で天然の要害の地に築かれている。
城壁は一の郭のみよく原型をとどめていて、
二の郭と三の郭の城壁は、戦後、米軍基地建設の骨材料として持ち去られ、
現在根石がかろうじて残っているにすぎない。
一の郭は、東北東に自然岩をくり抜いた城門を構え、
城内には「天つぎあまつぎの御嶽」(神名「アガル御イベ、ツルベ御イベ」)が祀られている。

-与那原通(よなばるつう)-
玉城グスクは、東御廻り最後の拝所がある場所です。
数ある拝所の中でも駐車場から拝所までの高低差が一番あるため、体力を消耗する場所かもしれません。
しかし、その行程を乗り越えると、
一枚の岩盤をくり抜いてつくられたという印象的なアーチ状型の城門がお出迎えしてくれます。
そして、そこからの眺めが本当に素晴らしい。きっと登って来てよかったと思うはず?。

そして、城内にあるのが雨粒天次御嶽(あまつづてんつぎうたき)です。
沖縄には、琉球開闢七御嶽(りゅうきゅうかいびゃくななうたき)と呼ばれる7つの重要な御嶽がありますが、
その中には東御廻りの中の拝所が2つはいっていて、
そのひとつがこの玉城グスクの中にある雨粒天次御嶽なのです。
名前からもわかるように、干ばつの際には、国王が雨乞いの儀式を行ったとされる重要な御嶽です。

[image]
琉球開闢七御嶽のひとつである雨粒天次御嶽

※東御廻りの拝所にも関係が深い琉球王国の創世の神アマミキヨは、9つの聖地と7つの森をつくったとされ、
その中でも7つの聖地が琉球開闢七御嶽と呼ばれ、特に神聖な御嶽として崇められています。
ちなみに、
七御嶽 にはいっているもうひとつの東御廻りの拝所は、いうまでもなく斎場御嶽です。


玉城(たまぐすく)城跡 ~残された一枚岩を刳り抜いて ...
台地上のさらに高い天然の要害に築かれた「玉城(たまぐすく)城跡」は、
石垣の積み方から約600年前のものと推定されている。
主郭跡だけは完全な形で残っているが、
沖縄地上戦後の米軍統治下で、二の郭・三の郭の石垣を荒らされ、
建築用石材に崩され利用されてしまっているのが残念で、
米軍は沖縄の心や人だけでなく史跡も破壊していったのだ。

唯一残されている本丸跡には、琉球開闢の七岳の一つとされる「あまつぎ御嶽(うたき)」があり、
玉城城跡は別名アマツヅ城とも呼ばれ、巡礼行事の聖地となっている。
沖縄のぐすくと呼ばれるお城は、単に琉球国の軍事的なものと言うより、祭祀的な性格も兼ね備わっていて、
宗教的要素が特に強かったと考えらる。
本土のお城とは少々違った観点での城づくり・・・
ワシ自身、常識にあてはまらない「沖縄式ぐすく」には少々戸惑った感じもある。


玉城城跡(たまぐすく)・天つぎあまつぎの御嶽 より

玉城城跡は別名「アマツヅグスク」とも呼ばれ、
琉球開闢神「アマミキヨ」が築いた、沖縄でもっとも古い時期のグスクだといわれています。

また、東御廻りの巡拝地の一つであり、
城跡内にある「天つぎあまつぎの御嶽」は、琉球七御嶽の一つでもあります。
[image]
[image]
玉城城跡の石碑と案内板

この城は、別名アマヅツ城とも称され、築城年代や歴代の城主についてはさだかではない。
『島尻郡誌』では、「アマミキヨが築いた城であるとの伝説があって、
城主はアマミキヨの子孫即ち、天孫子であったと伝う」と記述している。

城跡は、一の郭、二の郭、三の郭の三つの郭からなる段階状の山城で天然の要害の地に築かれている。
城壁は一の郭のみよく原型をとどめていて、
二の郭と三の郭の城壁は、戦後、米軍基地建設の骨材用として持ち去られ、
現在根石がかろうじて残っているにすぎない。
一の郭は、東北東に自然岩をくり抜いた城門を構え、
城内には「天つぎあまつぎの御嶽」(神名「アガル御イベ、ツレル御イベ)が祀られている。


[image]
道の途中には拝所もあります

[image]
岩盤をくり抜いて作られた本丸門

本丸門を入ると、正面に天つぎあまつぎの御嶽(雨粒天次御嶽)があります。
琉球国由来記によると、神名を「アガル御イベツレル御イベ」といい、
特に干ばつの際は国王自ら雨乞いの儀式を行ったと記されています。
[image]
[image]


前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ