title
[image]

[image]

[image]

[image]

[image]

[image]

玉陵は中室、東室、西室の3つの建築物に分かれる。
中室は葬儀の後、当時の琉球の葬制に基づき遺骸が骨になるまで放置し、数年後に骨を取り出して洗骨した。
洗骨した後に遺骨を骨壺に収め、王及びその妃の骨は東室に納められ、
他の王族は西室に納められた。
建造物の外は外庭、中庭に石壁で仕切られ、中庭には珊瑚の破片が敷き詰められている。

前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ