title

沖縄市 ・ 尚 円王の弟 「 尚 宣威王の墓 」 - 「 九州・沖縄 ...

[image]

沖縄市にある美来工業高校 ( 旧・中部工業 ) の裏門前を抜けると 「 かやま橋 」 が架かっている。
その橋を渡り切って、すぐに左に曲がると
尚 宣威王 の墓がある。

尚 宣威王の墓は、階段を上った崖の中腹にある
横穴墓 で、入り口を布石で塞いである。

第二尚氏 尚 円王 が病死し、世子の 久米中城王子 ( のちの尚 真王 ) は幼少ということで、
諸君に推されて尚 宣威王 ( 尚 円王の弟 ) が王位に就いた。
尚 宣威王は越来王子として六年間、
越来グスク にいたが、
即位してからは
首里城 に共住した。
しかし、在位六か月後に 「
神のお告げがあり 、尚 真こそ王を継ぐべき 」 と、
神女が託宣した。

これは神の仕草をする神女と、尚 真の母とが策略したものであろう。
尚 宣威は退位し、越来村に隠遁した。
その子孫は湧川殿内門中である。
長男の越来王子朝理 ( 湧川殿内の始祖 ) は越来間切り総地頭だったが、
二世からは越来間切り美里の脇地頭に下がった。
後年、尚 真王の四男・朝福が越来王子になり、越来間切り総地頭になった。


尚宣威王の墓 - 沖縄市観光情報サイト

県立中部工業高校の南西側に位置し、小高い山の中腹にある。
墓の形式は、名嘉真宜勝の分類の「
岩穴囲い込み墓 」である。
尚宣威王は、第二尚氏尚円王の弟で、尚円王が即位すると越来間切の総時頭に任ぜられた。
それで越来王子と称された。
1476年に尚円王が亡くなり尚宣威は1477年に王位を次いだが、在位6ヶ月にして王位を尚真にゆずった。
その後に越来間切へ隠遁し、同年8月に没した。


金丸の弟 - がじゅまるの樹の下で。

前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ