title

[image]
0061
糸数アブチラガマ|南城市 より

糸数アブチラガマは、沖縄本島南部の南城市玉城字糸数にある自然洞窟(ガマ)です。
沖縄戦時、もともとは糸数集落の避難指定壕でしたが、日本軍の陣地壕や倉庫として使用され、

戦場が南下するにつれて南風原陸軍病院の分室となりました。

軍医、看護婦、ひめゆり学徒隊が配属され、
全長270mのガマ内は600人以上の負傷兵で埋め尽くされました。

昭和20年(1945年)5月25日の南部搬退命令により病院が搬退したあとは、
糸数の住民と生き残り負傷兵、日本兵の雑居状態となりました。

その後、米軍の攻撃に遭いながらも生き残り、
8月22日の米軍の投降勧告に従って、住民と負傷兵はガマを出ました。


沖縄戦とは太平洋戦争の最終段階、1945年3月下旬から7月までの戦いを言います。
1941年に太平洋戦争が勃発し、太平洋の島々で劣勢となった日本軍は、
米軍が沖縄に上陸すると見て、米軍を沖縄にくぎづけにする作戦をとります。
それは、本土決戦の準備をするための時間稼ぎであり捨石作戦でした。
このため、沖縄は唯一の地上戦の場となります。

米軍は1945年の4月1日に沖縄本島の中部に上陸し、日本軍の指令部のあった首里に向かいます。
米軍の圧倒的な戦力に、首里の陥落が目前にせまったところで日本軍は南部へ撤退します。

米軍の上陸地点から首里城指令部までを中部戦線、首里以南を南部戦線と言います。

南部戦線では十数万人の一般住民が巻き込まれ悲惨な結末を迎えることになります。
6月23日、牛島司令官の自決により日本軍の組織的戦闘は終了しますが、
その後も各地で戦闘が続ぎ、米軍が作戦修了を宣言したのは7月2日のことでした。

この90日間にわたる沖縄戦で、
日本兵6万6千人、沖縄出身兵2万8千人、米兵1万2干人、一般住民9万4千人が亡くなりました。

当時の沖縄県の人口は約50万人でしたから、沖縄県民の4人に1人が亡くなったことになります。


[image]




糸数アブチラガマ(南部観光総合案内センター) | 南城市公式 …


アブチラガマ (糸数壕) - SANNET ホームページ[個人サイト …


糸数壕 | 那覇市 Naha City - 那覇市 | 『平和・こども・未来「 …


アブチラガマ(糸数壕) - 沖縄発!役に立たない写真集


糸数アブチラガマを中心にした戦闘経過概要

昭和19年 7月頃
日本軍の各部隊が玉城村に駐屯し、陣地構築が盛んになる。

第九師団第19聯隊第一大隊(武<たけ>部隊)の本部が玉城国民学校に置かれた。

第九師団(武部隊)アブチラガマに入り整備を始める。

10月10日
那覇大空襲

11月末頃
配備変更により石(いし)部隊独立歩兵第15大隊の本部が玉城国民学校に置かれた。

昭和20年 12月27日
強力な武部隊が台湾へ移動

2月1日
配置替えで独立混成第15聯隊(美田大佐)の本部が玉城国民学校に置かれた。

球(たま)部隊の美田聯隊が玉城国民学校から糸数の民家に入った。

製糖場の発動機を動かしてガマ内に電線をひいて明るくした。

ガマ内に直径1mの空気孔が設置された。

3月20日頃
美田聯隊が糸数城跡の南側にある戦闘指揮所の壕に入る。

3月23日
港川沖より艦砲射撃が始まる。

3月24日
村民は割当てられた避難壕へ移動した。港川沖よりの艦砲続く。
糸数の住民200名位が糸数アブチラガマに避難する。

4月1日
米軍沖縄本島中部の西海岸へ上陸。

4月上旬
海上挺進基地第28大隊が志堅原(しけんばる)基地よりアブチラガマへ移動。

ガマ内には多くの軍需物資の食糧が積まれ、ガマ内に発動機があった。

4月27日
美田聯隊首里前戦へ移動した。

海上挺進基地第28大隊の防衛隊もアブチラガマより出る。

4月28日
南風原陸軍病院より大城軍医を長として糸数アブチラガマへ移り糸数分室とし医療体制を整えた。

5月1日
ひめゆり学徒隊14名が大城知善(おおしろちぜん)先生に引率され、
南風原陸軍病院より未明にアブチラガマにきた。
この日多くの重傷患者がきて看護にあたった。
5月2日以降も次々と重傷患者が担ぎこまれた。

5月10日頃
アブチラガマへ増援のため軍医の西平中尉、薬剤少尉と兵8、9名も一緒にきて治療にあたった。

5月12日頃
屋富祖(やふそ)軍医とその家族、ひめゆり学徒隊2名が応援にこられた。

5月中旬頃
ガマの中の重傷患者の傷は悪化し、膿とうじだらけになり、脳症患者、破傷風患者が増えた。

5月25日
撤退命令によりアブチラガマから重傷患者とひめゆり学徒隊は南部の伊原糸数分室壕(第一外科壕)へ移動。
歩けない患者百数十名と糧秣監視兵4名は残る。

5月26日~30日
残された重傷患者が次々と出て南部へ撤退する者もいた。

5月末頃
米軍玉城村へ進入。村内の百名に米軍の兵舎が建てられた。

6月1日
村内の一部の避難民は米軍に収容され、玉城村の百名収容所へ入る。

6月6日
糸数アブチラガマが米軍に攻撃される。
2名の米兵がガマの中に入って来たが小銃で威嚇射撃をしたので逃げて行った。

6月8日
現在の出口から黄燐弾を投げ込まれ、火傷をした者がいた。

6月10日頃
出入口や空気孔からガソリンの入ったドラム缶20本をガマの中に流しこまれたが、
幸にして引火せず燃えなかった。このガソリンの臭いで住民と重傷患者が苦しんで死亡者も出た。

6月13日~14日
米軍が現在の出口に大砲をすえて攻撃しようとしたが、
大砲を下にずらしてしまい目的を果たすことが出来なかった。

米軍が現在の出口を土で塞いだ。

6月17日
糸数アブチラガマから撤退した伊原糸数分室で至近弾が炸裂し、多数の学徒隊と兵士に犠牲者が出た。

6月23日
沖縄での戦闘終わる。

8月15日
日本無条件降伏

8月22日
糸数アブチラガマにいた避難民はガマより出て米軍に収容された。

ガマの中に生き残った7名の傷病兵も避難民と一緒に出て米軍に収容された。

9月中旬頃
ガマの中にたてこもった最後の兵と住民の2名計3名が米軍に収容された。

昭和23年頃
部落内にあった遺骨を収集し、アブチラガマ出口の慰霊碑の所に集めた。

アプチラガマ内の遺骨収集を本格的に行なった。

昭和32年頃
アブチラガマの遺骨はカマスに入れ南部の「魂魄の塔」に運んだ。

平成6年
アブチラガマの整備委員会を設置

[image]

[image]

[image]



前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ